CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
図解絵本 東京スカイツリー (単行本)
図解絵本 東京スカイツリー (単行本) (JUGEMレビュー »)
モリナガ・ヨウ
足場にある鉄管のキャップから、巨大クレーンまで思う存分描写しました。子供から大人までぜひぜひ。
RECOMMEND
モリナガ・ヨウのプラモ迷宮日記 第2集 「ガンメタルの巻」
モリナガ・ヨウのプラモ迷宮日記 第2集 「ガンメタルの巻」 (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
解説は尊敬する東大の加藤陽子先生なのじゃ!
RECOMMEND
モリナガ・ヨウのプラモ迷宮日記: 第1集〔フィールドグレイの巻〕
モリナガ・ヨウのプラモ迷宮日記: 第1集〔フィールドグレイの巻〕 (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
帯の文句は
「では、教育してやるか」
です〜
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
新幹線と車両基地
新幹線と車両基地 (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
初の児童書。



ハードカバーなんですよ、あなた!



驚異の3刷1万1500部



RECOMMEND
東京右往左往―TOKYO GOING THIS WAY AND THAT
東京右往左往―TOKYO GOING THIS WAY AND THAT (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
あからさまに画像をつけたりして。
RECOMMEND
働く車大全集―特殊車両36台の秘密を公開!
働く車大全集―特殊車両36台の秘密を公開! (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
アマゾンのレビューでファンの方が怒っておられます、すいません、あのカタログページは自分の希望なのです・・。
RECOMMEND
35分の1スケールの迷宮物語
35分の1スケールの迷宮物語 (JUGEMレビュー »)
モリナガ・ヨウ
4刷り14000部

これに通販限定版の1万部が乗るのかな?
RECOMMEND
RECOMMEND
あら、カナちゃん!
あら、カナちゃん! (JUGEMレビュー »)
モリナガ・ヨウ
クリックするとアマゾンでは
画像が見られるようです。
RECOMMEND
図録「王立科学博物館」
図録「王立科学博物館」 (JUGEMレビュー »)

自分もマンガ班として参加しています。

ものすごい書籍だと思います
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
安心マンション50のポイント―プロが教える見分け方
安心マンション50のポイント―プロが教える見分け方 (JUGEMレビュー »)
竹島 清
アネハ問題で、増補改定。
カバーと中のイラストを。
RECOMMEND
科学の国のアリス―入門!ニュートン物理学
科学の国のアリス―入門!ニュートン物理学 (JUGEMレビュー »)
福江 純
人形と、挿絵を。
・・・楽しかったかも
RECOMMEND
アインシュタインの宿題
アインシュタインの宿題 (JUGEMレビュー »)
福江 純
人形と、挿絵・数式など。
裏表紙の写真の方が似ています。
RECOMMEND
脳をめぐる冒険
脳をめぐる冒険 (JUGEMレビュー »)
竹内 薫, 藤井 かおり, モリナガ ヨウ
『右脳メイド』を世に送り出しました。
MOBILE
qrcode
ダウンロード企画・電気班まとめ
 ipad発売記念と称した『東京右往左往』電気版のダウンロード企画をしたのが5月末。もうすぐ2ヶ月が過ぎようとしています。暑さで記憶が曖昧になる前に、まとめました。文責はモリナガ・ヨウ本人ではなく、電気班ですのでご了承ください。

 HP、ブログ、mixiに詳細を載せて、Twitterで連日つぶやき続けるという告知の形式をとり、2週間で13,783アクセス、合計で3,271ダウンロードという結果がでました。
 企画後、紙の『東京右往左往』がアマゾンなどで動いており影響が伺われます。無料という、課金システム外の企画ですが、プロモーションとして機能したのではないかと思っています。
 
 今回、企画がほぼTwitter上で進行していき、電子書籍という形式の可能性はもちろんのこと、個人的にはSNSの影響力の大きさをより実感することになりました。
 まず「モリナガの絵がipadに向いてる」とTwitter上でつぶやいて、この思いつき企画の発端をつくってくださった成毛眞さんには、企画の告知の際にもご協力いただき、大変感謝しております。
 また、著者個人が電子書籍の形で何ができるか、という趣旨に賛同、つぶやいてくださった鈴木みそ先生をはじめ多くの方々のツイート、リツイートがあっての結果です。改めまして御礼申し上げます。
 
 そして、快く企画にご承諾いただいた大日本絵画の方々、何よりもデザイン事務所の大岡寛典さんにはしばらく足を向けてねむれないほどであります。ありがとうございました。
 大岡さんには電子書籍について深い見識があり、その一端をご教授いただきました。PDF形式→青空文庫iHDアプリの利用、クリエイティブ・コモンズの採用などは、著者個人が現状で試せる範囲のことを試してみようというDIY的考え方によるものです。
 
 さて、この企画終了前後には取材もあったのですが形になっていません。ここ2ヶ月の大手出版・新聞、印刷会社、端末メーカーなどの参入・混戦状況を見るにつけ、それも仕方ないと思っています。
 企画自体が一個人の単発の企画に過ぎず、そもそも大手の戦略が浮上する前のipad発売直後のドサクサでしかできないだろう、との考えでもあったからです。
 変化のスピードが想定以上で驚いていますが、おそらくスピードはより加速していくでしょう。メディアの構造自体の大変化の途上にいると、感じています。
 今後を考える上でも、このタイミングで貴重な経験をさせていただいたことを感謝して、まとめといたします。
 
 皆さま、ご協力ありがとうございました。 
                         
               7月27日  電気班



| 仕事 | 12:07 | - | trackbacks(0) | pookmark |
『消防車とハイパーレスキュー』
新作であります。あかね書房さまから児童書を出しました。

『消防車とハイパーレスキュー』
行きがかり上、総ルビの児童書とは思えない密度になりました。

渋谷の3本部ハイパーレスキュー取材、隣接する装備工場(整備工場)や、消防車を作っている八王子の日本機械へも足を運び、これでもかという内容になっております。
めくってもめくっても消防車です。


アマゾン

bk1

あかね書房

現在青山ブックセンター本店にて、のりものフェアを行っています。



| 仕事 | 00:59 | - | trackbacks(0) | pookmark |
ありがとうございました。
 I文庫HD+PDFファイル『東京右往左往』を、iPadでぐりぐり遊んでみよう企画は、無事終了を迎えることになりました。
細かいことはまだですが、とりあえず1万アクセスを超えたそうです。

マトメ的なことは追い追いしていこうと思います。
| 仕事 | 23:29 | - | trackbacks(0) | pookmark |
時事通信の
 昨年夏ごろ、時事通信配信のローガン梅本氏のコラム「プラモつくろう」
に挿絵を描きまして。
記事として配信され、扱いは各新聞社に任されているのか掲載は時期は全く不明でした。

少なくとも、現在『福井新聞』で連載されている模様です。
全部で12回くらい描いた記憶がありますです。
| 仕事 | 07:56 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
下絵が。
 基本的に下絵や下書きは恥ずかしいのであまりおおっぴらには
しないのですが。
トップニュースでアナウンサー氏たちが「これでどんなもんじゃろか」な
下書きを見て盛り上がっている恐るべき画像が!


テレビ朝日アナウンサー





| 仕事 | 12:06 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
歴史女学生
 日経ビジネスオンライン、2回目がアップされました。
書店でのPOPの写真もちょっと出ています。

加藤先生2回目



| 仕事 | 08:21 | comments(7) | trackbacks(0) | pookmark |
教材
山形県の小学校の特別支援教室で、『新幹線と車両基地』を教材として使いたいと打診があった。
量も少ないのでよいのでは、と相談して決めた。

本を作るときの新幹線の版権・許諾は地獄めぐりだったのが、江戸の敵を長崎で討ってもしょうがないですね。

研究授業に使われたそうである。写真をみると机の上に電車の模型が作られていたり、児童が黄色いヘルメット被って何かやっていたりしていた。手作りヘルメットが楽しそうでいい感じ。

何かの役にたったのなら幸いではないか。
児童書にはこういう展開もあるのだなあ。





活字部分が余白になっているのが児童に配られ、このテキストを写す企画もあるようだ。
「これにはどういう意味があるのでしょう」と、担当編集者氏は妙にネガティブな感想を述べる。
いや、なんか教育の一環なんじゃないですか?


・・・・・聞いたら氏が小学校時代に忘れ物などをすると、罰として教科書の文章を丸写しさせらる罰があったそうな。
その名も「全文書写」。
トラウマを刺激されたようです。


今回はこの「全文書写」のインパクトが最も強かったのであった。

| 仕事 | 00:03 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
アナウンサー似顔絵

 先日テレビ朝日にお邪魔して、新人・2年目アナ氏の似顔絵を作ってきました。・・・・・仕上げはこれから・・・・

「キミたちが生まれた年にワシはデビューしたんじゃよ」な
恐るべき年齢差に!
というか、自分の服装適当すぎ。

テレビ朝日アナウンサーズ
| 仕事 | 16:29 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
ポスター
 いろいろあって、順番に報告していくつもりである。

『散歩の達人』の銀座特集の表紙であるが、銀座ではちゃんと目だっているようである。
moon氏提供。銀座地下通路の本屋さんで。



雑誌をメインに生きてきた人間にとって、自分の絵が表紙を飾るのはひとつの目標である。で、それが大判のポスターになり街に貼られる。
望んだことではないか!

・・・・どこの世界のデキゴトでしょう。
終了?

次はどうしましょうか、という不思議な気分である。

| 仕事 | 12:39 | comments(9) | trackbacks(0) | pookmark |
丸善トークショー?
日曜日。原画展をやってもらっている丸善本店に行く。
3階のエレベーター前に、こんな風に飾ってもらっているのだ。

印刷物を前提にしているのと、児童書は初めて&意外に取材先からの直しが多く、修正だらけの原画をさらしている。新幹線白いし。



そしてこの日は、鉄道の日に合わせ子供向けのイベントがあるのです。

なんでしょう、「乗り物おはなし会」ってば。

簡単な打ち合わせをして、開始時間まで店内をうろついていると放送が入った。
「本日2時より、モリナガ・ヨウさんの〜・・・」
ギャース。文字で書いてあるのと違い、激しく動揺する。
この児童書売り場が会場だ。そんなに広くない。

時間になったので行くと、知人の新聞記者がいる。
教えてないよ?
「ははは、本を探してたら放送聴いてびっくりしましたよ」

で、児童書担当のお姉さんが子供を盛り上げる。
想定していたよりハゲシク出席者の年齢層が低く、
この瞬間から当初の打ち合わせは全く無意味になった。
「じゃあみんなでよんでみよう!ヨウさーん!」
「はーーーい、こんにちは!」

以降、丸善担当氏の見事な仕切りに乗って、幼児向け
「おはなし会」がくりひろげられた。
こんなにアドリブ力を使ったの久しぶりだ。
例えば、念のため編集部で用意していたクイズは、表紙の新幹線を見せて「N700系」と答えさせるものだったが、突然変更。
「これはなんでしょう」「しんかんせーん」「ハイ!正解!」。

瞬間瞬間振り落とされないように?エカキのおじさんもテンション上げて頑張りました。

あかね書房編集氏、汗びっしょりです!

学校での読み聞かせの手伝いも、相手は小学生だった。過去最若年では。幼児似顔絵のバイトに近いか?
児童書はこんな能力まで試されるのか!まあ、面白かったのは確かなのですが。
(引率の親御さんたちが、マジメに関心してくれて非常に助かった。)
人生いろんな経験をするなあ。



何年かしたら、そういえばこの本の作者に会ったんだっけ、と思い出してね。

皆様に感謝。
原画は16日まで展示しています。


※イベントの状況写真は当日いらしたmoon氏ご提供によるものです。自分以外の人物、ちょっとぼかしました。
| 仕事 | 00:46 | comments(7) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/8PAGES | >>