CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
図解絵本 東京スカイツリー (単行本)
図解絵本 東京スカイツリー (単行本) (JUGEMレビュー »)
モリナガ・ヨウ
足場にある鉄管のキャップから、巨大クレーンまで思う存分描写しました。子供から大人までぜひぜひ。
RECOMMEND
モリナガ・ヨウのプラモ迷宮日記 第2集 「ガンメタルの巻」
モリナガ・ヨウのプラモ迷宮日記 第2集 「ガンメタルの巻」 (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
解説は尊敬する東大の加藤陽子先生なのじゃ!
RECOMMEND
モリナガ・ヨウのプラモ迷宮日記: 第1集〔フィールドグレイの巻〕
モリナガ・ヨウのプラモ迷宮日記: 第1集〔フィールドグレイの巻〕 (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
帯の文句は
「では、教育してやるか」
です〜
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
新幹線と車両基地
新幹線と車両基地 (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
初の児童書。



ハードカバーなんですよ、あなた!



驚異の3刷1万1500部



RECOMMEND
東京右往左往―TOKYO GOING THIS WAY AND THAT
東京右往左往―TOKYO GOING THIS WAY AND THAT (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
あからさまに画像をつけたりして。
RECOMMEND
働く車大全集―特殊車両36台の秘密を公開!
働く車大全集―特殊車両36台の秘密を公開! (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
アマゾンのレビューでファンの方が怒っておられます、すいません、あのカタログページは自分の希望なのです・・。
RECOMMEND
35分の1スケールの迷宮物語
35分の1スケールの迷宮物語 (JUGEMレビュー »)
モリナガ・ヨウ
4刷り14000部

これに通販限定版の1万部が乗るのかな?
RECOMMEND
RECOMMEND
あら、カナちゃん!
あら、カナちゃん! (JUGEMレビュー »)
モリナガ・ヨウ
クリックするとアマゾンでは
画像が見られるようです。
RECOMMEND
図録「王立科学博物館」
図録「王立科学博物館」 (JUGEMレビュー »)

自分もマンガ班として参加しています。

ものすごい書籍だと思います
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
安心マンション50のポイント―プロが教える見分け方
安心マンション50のポイント―プロが教える見分け方 (JUGEMレビュー »)
竹島 清
アネハ問題で、増補改定。
カバーと中のイラストを。
RECOMMEND
科学の国のアリス―入門!ニュートン物理学
科学の国のアリス―入門!ニュートン物理学 (JUGEMレビュー »)
福江 純
人形と、挿絵を。
・・・楽しかったかも
RECOMMEND
アインシュタインの宿題
アインシュタインの宿題 (JUGEMレビュー »)
福江 純
人形と、挿絵・数式など。
裏表紙の写真の方が似ています。
RECOMMEND
脳をめぐる冒険
脳をめぐる冒険 (JUGEMレビュー »)
竹内 薫, 藤井 かおり, モリナガ ヨウ
『右脳メイド』を世に送り出しました。
MOBILE
qrcode
ゲンコウオクルニオヨバズ
ゲンコウ オクルニ オヨバズ
ヨソニ タノンダ


・・・とまあこの職業をやっていて、最も恐ろしい文句である。
言うまでもなく名作『まんが道』からだ。


いや、某プラモデルの箱絵に取り組んでいたのだ。
ただでさえ2月は日数が少なく、雑誌の進行は過酷で
普段仕事キツキツである。幼稚園や小学校の行事なども乱入し
1月の終わりに打合せしていて「・・・これは間に合わないなあ」と思っていたが、やっぱり土俵をずるずる広げてしまった。
すぐ眠くなるし。

おそるおそる「大体出来ました」とメールをすると
何とかなりそうみたい。
「もう間に合わないから写真パッケにしたよ」だったらどうしようかと思った。

たくらみとしては、いつもの様にごちゃごちゃ描いて
「むはは!立ち読みは止めて買いなさい」という感じ?
ものすごいニッチなバリエーションなのであるから。

ワールドタンクでファイヤフライの記事を書いてから何年か過ぎている。
当時は知らなかったネタを満載させた。


さて、梱包して片付けて次の仕事に・・・

タスカのY氏は同い年だ。模型少年として同じ風景を見ていたはずである。

いろいろな意味で、それなりに感慨深い。

発売、もうすぐ(滝汗)。
詳細は模型店にて。 

ファイアフライチークアーマー砲塔搭載型
| 模型 | 02:28 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
模型話
先日、戦車模型専門誌の『アーマーモデリング』が10周年記念号を迎えた。
よきかなよきかな。
10周年マンガを描いたわけだが、忘れていたことがある。
自分、模型人形の制作DVDに出演したのだ。
ハウツーもので、「この人は、こんな風に塗ってます!」な内容である。
気軽に引き受けて、激しく後悔している。
カメラが近くて、逆上してしまいやり取りがすごいトンチンカンなものになっているのだ。所謂「黒歴史」というやつである。
「何やってるかわからない!」と言われて、あからさまにムっとしてるし(赤面)。

今だから言うが、自分はマメに光源を変えてチェックしながら作業する。
人形に色を入れては、すぐ自然な角度の光にかざして様子を見て、あれこれ
動かすのである。
けれども「それでは撮影がしずらい」と、対象の固定を強いられた。

そんなの、「この人はこうやってます」じゃないじゃないか。


で、以来1年と少々、何だかプラモの人形塗る気がしなくってしまった。
どうしていいのか分からなくなっちゃったのだ。
全く楽しくない・・・・。

さすがに時間が経ったのか、久々にいじる気になったのがこの正月。
これが、長い前置きである。

※※※
ロシアのメーカーの、戦車兵セットなぞ作っている。
箱はちゃんと「ソヴィエト」兵と描いてある。



組んでみて、原型師の癖か、人形の顔が同じ。双子(3人セットなので三つ子?)ではアレなので、一人は輪郭と目を修正した。

こんな感じ。向かって右が、キットのまま。


顔の色を入れてみる。
思う存分動かしながら塗ってやったよ。

まあ、何とか?
もう少し筆目がでないといいなあ、とか思いつつ
ツヤの様子を見ながら、眼球にはクリアを入れようと思う。


模型をやらない人のために・・・

大きさはこのくらい。
手前はインクのビン。

世の中には、このサイズで二重まぶたにしたり、瞳孔書き分けたりする人もいらっしゃいます。


ああ、またシゴトに復帰しなくちゃ。
| 模型 | 23:09 | comments(10) | trackbacks(0) | pookmark |
タンク完成(写真追加)
「癖になる垂れ流し模型製作記」もだいたいおしまいです。

現物は、もうちょっと茶色っぽいのであるが、白っぽく写っています。
ue
天気が悪いので、暗い?
ハッチは、黒すぎかも。
naname
消しゴムをかけて、少し鉛筆汚しを取りました。

正面はこんな感じ。
mae
履帯の隙間に、泥を詰め込みたいなあ。
人形がいないとさみしいので、買ってきて乗せようか知らん?

※※※
そのご少し空が明るくなったので、大きめに撮影。
無理やりトリミングして、アップしました。けっこう、現物に近い感じです。
tanku6
ああ、砲塔のライトの存在を忘れている!
切り取って、向きを変えてごまかしてしまおう。

午前中、原稿描きに復帰します。午後は、日曜だし・・・
| 模型 | 10:01 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
タンク 大体できたみたい。
夜、少し進めました。模型が小さいので、早いです。
全体をパステルで「土ぼこりまみれ」にした後、湿らせた細筆で上から下になぞります。雨だれ効果が簡単に得られました。
自分の車を参考に汚します。

ガンダムマーカー登場。ii
これは粒子が細かくいい感じ。
数年ぶりに使います。存在を忘れてました。
水で溶いて、筆で塗っていきます。
人形は、巨大なヨゴレを付けないように物差しがわり。
顔より大きな泥はね、なんて中々ありませんよね。

tank5
油染みは、ひねり無く油彩の黒をテレピンで薄めたものを置いていきます。
ガサガサのつや消し面には、リアルに浸み込んでそれっぽくなります。
つやは、綿棒でこすります。金属質感を出そうと。

tank5-2
工事現場なんかのを見るに、ロープは明らかに汚い銀茶色。
そんなことを意識しつつ彩色。

明日、自然光で撮影してみましょう。
| 模型 | 23:18 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
タンク続き
今朝も早起きして、原稿。神田に納品に行ったり、打ち合わせをしたり。
ちゃんとした一日でした。
少し復活。
右往左往のデザインが届く。ぶふ、いい感じ。


などと言い訳をしつつ・・・
tank4-1汚し塗装が少し進展しました。無視していた機関銃や、スコップにも色が入り始めます。車輪は、ただホコリ色一色ではバカみたいでしたから、ゴム部に少し黒を再塗装しています。

パステルによる土汚れ一回目の上に、軽くゴム部の塗装。二度手間です。 sharin

別角度。あああ、これじゃあモデラーみたいだ!
ttank4-2

※※※
その後、上下のバランスを合わせるため、一度全体をパステルで汚してみました。
スケールなりの表現を考えたいところです。で、この粉粉が雨に降られて流れる訳だ・・・tank4-3


DVDのスコットさんの突っ込み「なにをしているか変化がわからないヨ!」
な状態が続いています。
| 模型 | 22:33 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
独り言と、タンク続き
6月後半の『東京右往左往』絶好調作業の反動でか、いろいろ失敗が多い。
激しく落ち込み始めている。
職業人としては絶望的な気分であるが、長男は今日終了式だ。

去年は入院していて、初めての、一学期の通知表お持ち帰りである。
本人は『あゆみ』だよ、と他の呼び名は認めていないが。
幼稚園のころから、暑くなるとひっくり返ってしまっていた。
あれ?皆勤賞じゃないか!


さて、今日は朝うんと早くから原稿描き。遅れているのでマジメに働いています。
だから、少しだけ。]
油ヨゴレとか、つやの強弱とか。30分くらい。
tank3
まだパステル粉を使った、泥ヨゴレは始まりません。
・・・しっかし、趣味で模型やってる人がダラダラ途中経過写真を
ネットで流す訳が分かった。面白い!
| 模型 | 22:43 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
模型の話・英国タンク2
取材から戻って、ちょっとデカールを貼ってみましたが、
いきなりシワシワになったので天井の星は描いています。
模型技術低すぎ。
大まかなホコリ色でなじませて・・・シゴトシゴトtank2
| 模型 | 17:19 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
模型の話。英国タンク
tankちょいと気分転換に、田宮模型のプラモを組んでみました。
48分の1のイギリス戦車「クロムウエル」。


戦車模型のスタンダードサイズ、35分の1では大きくて「ちょっと興味がある」程度では中々手が出ません。
かといって、レベルの72分の1では、小さすぎる。
いい感じの大きさです。

このシリーズのキットに、下塗りですが初めてマジメに色を塗ってみました。
シャーシが「ずっしり」感を出すためにダイカスト成型になっていて、
上半分と色が違う。すんごく塗りにくいと思いました。

このあと、マークを貼ったり、微細な汚し塗装を積み上げていく(はず)
なので、色は適当です。水彩アクリル絵の具を乗せるための、下地と考えています。
Mrカラーのオリーブドラブに、ロシアングリーン1を混ぜたもの。
履帯を含めた下半分はタミヤアクリルのフラットアースとダークイエローを
混ぜた、なんとなくの土ボコリ色。

tank2
直接照準器は、少し削ってみました。

プラモに模型塗料をエアブラシで吹くなんて、数年ぶり。
マスクしないでやったら、気持ち悪い・・・
| 模型 | 23:55 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |