CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
図解絵本 東京スカイツリー (単行本)
図解絵本 東京スカイツリー (単行本) (JUGEMレビュー »)
モリナガ・ヨウ
足場にある鉄管のキャップから、巨大クレーンまで思う存分描写しました。子供から大人までぜひぜひ。
RECOMMEND
モリナガ・ヨウのプラモ迷宮日記 第2集 「ガンメタルの巻」
モリナガ・ヨウのプラモ迷宮日記 第2集 「ガンメタルの巻」 (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
解説は尊敬する東大の加藤陽子先生なのじゃ!
RECOMMEND
モリナガ・ヨウのプラモ迷宮日記: 第1集〔フィールドグレイの巻〕
モリナガ・ヨウのプラモ迷宮日記: 第1集〔フィールドグレイの巻〕 (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
帯の文句は
「では、教育してやるか」
です〜
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
新幹線と車両基地
新幹線と車両基地 (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
初の児童書。



ハードカバーなんですよ、あなた!



驚異の3刷1万1500部



RECOMMEND
東京右往左往―TOKYO GOING THIS WAY AND THAT
東京右往左往―TOKYO GOING THIS WAY AND THAT (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
あからさまに画像をつけたりして。
RECOMMEND
働く車大全集―特殊車両36台の秘密を公開!
働く車大全集―特殊車両36台の秘密を公開! (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
アマゾンのレビューでファンの方が怒っておられます、すいません、あのカタログページは自分の希望なのです・・。
RECOMMEND
35分の1スケールの迷宮物語
35分の1スケールの迷宮物語 (JUGEMレビュー »)
モリナガ・ヨウ
4刷り14000部

これに通販限定版の1万部が乗るのかな?
RECOMMEND
RECOMMEND
あら、カナちゃん!
あら、カナちゃん! (JUGEMレビュー »)
モリナガ・ヨウ
クリックするとアマゾンでは
画像が見られるようです。
RECOMMEND
図録「王立科学博物館」
図録「王立科学博物館」 (JUGEMレビュー »)

自分もマンガ班として参加しています。

ものすごい書籍だと思います
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
安心マンション50のポイント―プロが教える見分け方
安心マンション50のポイント―プロが教える見分け方 (JUGEMレビュー »)
竹島 清
アネハ問題で、増補改定。
カバーと中のイラストを。
RECOMMEND
科学の国のアリス―入門!ニュートン物理学
科学の国のアリス―入門!ニュートン物理学 (JUGEMレビュー »)
福江 純
人形と、挿絵を。
・・・楽しかったかも
RECOMMEND
アインシュタインの宿題
アインシュタインの宿題 (JUGEMレビュー »)
福江 純
人形と、挿絵・数式など。
裏表紙の写真の方が似ています。
RECOMMEND
脳をめぐる冒険
脳をめぐる冒険 (JUGEMレビュー »)
竹内 薫, 藤井 かおり, モリナガ ヨウ
『右脳メイド』を世に送り出しました。
MOBILE
qrcode
<< 引率 | main | ザ・コールデスト・ウインター 朝鮮戦争 >>
丸善トークショー?
日曜日。原画展をやってもらっている丸善本店に行く。
3階のエレベーター前に、こんな風に飾ってもらっているのだ。

印刷物を前提にしているのと、児童書は初めて&意外に取材先からの直しが多く、修正だらけの原画をさらしている。新幹線白いし。



そしてこの日は、鉄道の日に合わせ子供向けのイベントがあるのです。

なんでしょう、「乗り物おはなし会」ってば。

簡単な打ち合わせをして、開始時間まで店内をうろついていると放送が入った。
「本日2時より、モリナガ・ヨウさんの〜・・・」
ギャース。文字で書いてあるのと違い、激しく動揺する。
この児童書売り場が会場だ。そんなに広くない。

時間になったので行くと、知人の新聞記者がいる。
教えてないよ?
「ははは、本を探してたら放送聴いてびっくりしましたよ」

で、児童書担当のお姉さんが子供を盛り上げる。
想定していたよりハゲシク出席者の年齢層が低く、
この瞬間から当初の打ち合わせは全く無意味になった。
「じゃあみんなでよんでみよう!ヨウさーん!」
「はーーーい、こんにちは!」

以降、丸善担当氏の見事な仕切りに乗って、幼児向け
「おはなし会」がくりひろげられた。
こんなにアドリブ力を使ったの久しぶりだ。
例えば、念のため編集部で用意していたクイズは、表紙の新幹線を見せて「N700系」と答えさせるものだったが、突然変更。
「これはなんでしょう」「しんかんせーん」「ハイ!正解!」。

瞬間瞬間振り落とされないように?エカキのおじさんもテンション上げて頑張りました。

あかね書房編集氏、汗びっしょりです!

学校での読み聞かせの手伝いも、相手は小学生だった。過去最若年では。幼児似顔絵のバイトに近いか?
児童書はこんな能力まで試されるのか!まあ、面白かったのは確かなのですが。
(引率の親御さんたちが、マジメに関心してくれて非常に助かった。)
人生いろんな経験をするなあ。



何年かしたら、そういえばこの本の作者に会ったんだっけ、と思い出してね。

皆様に感謝。
原画は16日まで展示しています。


※イベントの状況写真は当日いらしたmoon氏ご提供によるものです。自分以外の人物、ちょっとぼかしました。
| 仕事 | 00:46 | comments(7) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
モリナガさん、お久しぶりです。
そんなイベントがあったなんて!
知っていれば電車オタクになりつつある息子を連れて馳せ参じたのにぃぃぃ!
「お父さん、0系新幹線乗ったことある?」とか、「はやてはこまちと連結するんだよ」とか、やたら詳しいので、大喜びしたと思います(^^ゞ
本は近所ではなかなか見つからないので、注文することにしました。読むのが楽しみです。
| 出戻り三十郎改め東太郎 | 2009/10/13 7:51 PM |
お疲れさまでした。楽しかったですよ。
けっこう打ち合わせと違うことをやっているんだろうな、
とは思いましたが、まさかほとんどアドリブとは!
たしかに想像したよりも年齢層が低かったですね。
大きなお友達がもっと来るだろうと思っていたんですが。
僕もしっかり父兄面していました(子供連れでよかった…)。
まずい画像なのに使っていただいて嬉しいです。
| moon | 2009/10/13 7:57 PM |
小さな子供相手に、アドリブでお話会をしてしまうなんて、ステキすぎます。私も電車好きの娘を連れて行けばよかった!・・・って、さすがに2歳の娘にお話会は無理ですよね・・・

娘は「きらきらうえつ」と「デハ二50」は言えるのに、アンパンマンとアンパンマン号の区別がつかない。何故?
| みうママ | 2009/10/16 8:34 PM |
モリナガ先生はじめまして。
ワールドタンクの解説イラストやアーマーモデリングの挿絵など、先生の画をいつも楽しみにしております。
先生の『1/35迷宮〜』で江戸川のS精工さんを知り、過日仕事で尋ねてきました。

先生のお描きになる画は人物の「眼」がいいですね。
模型・戦車お話会なども、先生の紙芝居つきであるといいのですが(・▽・)
| mjts | 2009/10/21 10:36 PM |
来年三月にバンダイから
『アポロ11号&サターン昂織蹈吋奪函
の超合金が発売されるみたいです。

これにマルモさんの解説が付けば鬼に金棒だと思うので
是非やってほしいです。と野次馬的に思いました。

ttp://www.bandai.co.jp/releases/J2009102001.html
| カヲナシ | 2009/10/25 12:37 AM |
レス放置申し訳ないです!

>東太郎さま
お久しぶりです。
四十郎でもよかったのに(笑い
ギャラリーがうんと小さかったので、自分の知識でもなんとかなったのでは?!
大人読者は妙にゼロ系に喰いつきます。

>moonさま
写真ありがとうございました!
当日は家族は逃げ出したので、貴重な写真です。
息子さんにもよろしく。

>みうママさま
電車本の読み聞かせをすると、細部に詳しくなりますね。振り子式がどうした、だの
一畑鉄道走ってるのは昔の京王線だ、とか。
何かの折にお会いできる日を楽しみにしています。
(「つばさ」から開放されたので、最近は
おかあさんと・・は観ていないのですよ)


>mjtsさま
初めまして。お褒めに預かり感謝であります!
画面上の人物の目をマトモに見ることができず、つい点々にしちゃいます。

金型屋さんは元気でやっていましたでしょうか。


>カヲナシさま
ロケット、すごそうですなあ。
一部のロケット好きの中では話題のようです。

自分はスカイラブが最も衝撃的でした。

※裸族さんお亡くなりになりましたね。
さびしいですね。
| | 2009/10/27 1:03 PM |
ええ、グレート職人さんはとてもお元気でした。
かっこええなあ・・・ああいう七十代になりたいものです。
| mjts | 2009/11/01 2:47 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://marumo.marumo.oops.jp/trackback/1032604
トラックバック