CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
図解絵本 東京スカイツリー (単行本)
図解絵本 東京スカイツリー (単行本) (JUGEMレビュー »)
モリナガ・ヨウ
足場にある鉄管のキャップから、巨大クレーンまで思う存分描写しました。子供から大人までぜひぜひ。
RECOMMEND
モリナガ・ヨウのプラモ迷宮日記 第2集 「ガンメタルの巻」
モリナガ・ヨウのプラモ迷宮日記 第2集 「ガンメタルの巻」 (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
解説は尊敬する東大の加藤陽子先生なのじゃ!
RECOMMEND
モリナガ・ヨウのプラモ迷宮日記: 第1集〔フィールドグレイの巻〕
モリナガ・ヨウのプラモ迷宮日記: 第1集〔フィールドグレイの巻〕 (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
帯の文句は
「では、教育してやるか」
です〜
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
新幹線と車両基地
新幹線と車両基地 (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
初の児童書。



ハードカバーなんですよ、あなた!



驚異の3刷1万1500部



RECOMMEND
東京右往左往―TOKYO GOING THIS WAY AND THAT
東京右往左往―TOKYO GOING THIS WAY AND THAT (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
あからさまに画像をつけたりして。
RECOMMEND
働く車大全集―特殊車両36台の秘密を公開!
働く車大全集―特殊車両36台の秘密を公開! (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
アマゾンのレビューでファンの方が怒っておられます、すいません、あのカタログページは自分の希望なのです・・。
RECOMMEND
35分の1スケールの迷宮物語
35分の1スケールの迷宮物語 (JUGEMレビュー »)
モリナガ・ヨウ
4刷り14000部

これに通販限定版の1万部が乗るのかな?
RECOMMEND
RECOMMEND
あら、カナちゃん!
あら、カナちゃん! (JUGEMレビュー »)
モリナガ・ヨウ
クリックするとアマゾンでは
画像が見られるようです。
RECOMMEND
図録「王立科学博物館」
図録「王立科学博物館」 (JUGEMレビュー »)

自分もマンガ班として参加しています。

ものすごい書籍だと思います
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
安心マンション50のポイント―プロが教える見分け方
安心マンション50のポイント―プロが教える見分け方 (JUGEMレビュー »)
竹島 清
アネハ問題で、増補改定。
カバーと中のイラストを。
RECOMMEND
科学の国のアリス―入門!ニュートン物理学
科学の国のアリス―入門!ニュートン物理学 (JUGEMレビュー »)
福江 純
人形と、挿絵を。
・・・楽しかったかも
RECOMMEND
アインシュタインの宿題
アインシュタインの宿題 (JUGEMレビュー »)
福江 純
人形と、挿絵・数式など。
裏表紙の写真の方が似ています。
RECOMMEND
脳をめぐる冒険
脳をめぐる冒険 (JUGEMレビュー »)
竹内 薫, 藤井 かおり, モリナガ ヨウ
『右脳メイド』を世に送り出しました。
MOBILE
qrcode
<< 丸善トークショー? | main | ドーピング >>
ザ・コールデスト・ウインター 朝鮮戦争
このところ取材が多い。
まだカタチになっていないから、中々ブログも書けないのである。

現在読んでいる本について書こう。
『ザ・コールデスト・ウインター 朝鮮戦争』(文藝春秋)だ。
順調に読み進んでいた。面白い!

ところが、12章に入って状況が変わった。

民主党と共和党の戦後のゴタゴタ云々なところ。翻訳担当が変わったのか、こんな文章ばかりになった。

>ドイツと日本がもたらした巨大な危機を前提にした、ある意味で心ならずもの超党派提携だったが、戦争が終わるとほとんど同時に解消が始まった。むしろ、一世代にわたって政権の座から遠ざかっていたいっぽうの党が発言力も権力もないと感じていた戦時下の抑制体質。その体質そのものが、党独自の政治勢力を生み出し、長期間政権にあった党に対する深刻な反発に遅ればせながらもとうとうとつながっていった。アメリカ政治に始まったばかりだった底意地の悪い季節は理解不能だが、これが朝鮮戦争のきわめて重要な政治的背景を形成していたのである。


なんか岩石だらけの山道を歩いているような・・・

11月5日追記)
※その後文章は立ち直る。ページをめくって何だか新しい風が吹いてきた気分になったのは初めてだった。
訳者が戻ってきたみたい。と、止まらん・・・。

※第3刷から読みにくい翻訳は直したそうです。おお!
(コメント欄参照)

| ご本 | 23:40 | comments(8) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
 翻訳が荒いのか校正がイマイチなのか、あきらかなミスが散見されますね。本文と地図の表記が違うこともあったし。
 さておき、本自体はすこぶる面白かったです。マッカーサーとその幕僚がこてんぱんなのはハルバースタム先生の面目躍如といった感じが。一方トルーマンと、特にリッジウェイはべた褒めですねえ。

 山を埋め尽くして押し寄せる人民解放軍、チャルメラを合図に手榴弾一斉投擲とかそういう映画が観たいです(『ブラザーフッド』でちらっとそういう場面がありましたけど)。
| 速水螺旋人 | 2009/10/30 12:02 AM |
お久しぶりです。

私はまだ第8章です。(D・マッカーサーの問題な母の章)
アマゾンでも翻訳者のどちらかが担当した『CIA秘録』の評判が悪かったです。(私は未読です。なのであまり参考にしないで。)
私はまだ12章には未到達ですが、ハルバースタムすげぇ。導入部が面白すぎ。と、言ったところです。
| マグレ | 2009/10/30 1:04 AM |
>速水さま
おお!頑張って読み進めましょう。
ファイトが沸いてきました。

同じ東洋の日本軍といえば突撃ラッパなのですが、そういえばコントなどで使われなくなってますな。戦時は遠くなったのですね。

>マグレさま
お久しぶり!
バリバリの軍産複合体、「パックスアメリカーナだぜ」な米国が当たり前になっていたので、それ以前の状態は却って新鮮であります。
『CIA秘録』・・・・そんな過去が。
| モ | 2009/10/31 5:29 AM |
いろいろとご指摘ありがとうございます。
おっしゃるとおり!と思いまして、
さっそく訳者の方とも相談し、ご指摘の第12章のあたまを3刷分から書き換えています。

11月15日出来です。見本をお送りしたいので、お名前とご住所をお教えいただければ幸いです。

なにしろ、1000ページを超える本、訳者も編集者も見過ごした部分もあり、ありがたかったです。多謝です。




| 下山進(文藝春秋) | 2009/11/04 10:15 PM |
>下山さま
初めまして!編集者の方の書き込みに激しく動揺しております。
読み解くのに苦労してはもったいないですね(出版の人間として、自分も気をつけないとイカンのですが)。
舞台が変わると、再びリズムがよくなり世界に引き込まれました。

・・・・その後空き時間はこの本に引き換えていてブログを放置していまして、申し訳ありません。現在下巻の9部突入、毛沢東が勝利に酔っております!

※巻末を見ますと一方の人は『史上最悪のウイルス』の翻訳をされているのですね。
これも一気に読んでしまいました。

| モ | 2009/11/05 5:50 PM |
コメント遅れてしまいました。何日遅れ?

こういうの本人降臨というのでしょうが、6日ほったらかしにしておいては駄目でした。
出版社の人って、ネットを巡回したりするんでしょうか?
出版とネットの関係って?
色々疑問が浮かびます。

私は今だに第12章。これも遅い。
| マグレ | 2009/11/10 12:42 AM |
>マグレさま
ご本人降臨でした。世の中には驚くことがいっぱいです。


あ、多部ちゃんの写真集は目を見開きすぎだなあ。(本人降臨待ち)
| モ | 2009/11/13 10:07 PM |
モさんは本当に多部さんが好きですね。
| マグレ | 2009/11/15 12:08 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://marumo.marumo.oops.jp/trackback/1036196
トラックバック