CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
図解絵本 東京スカイツリー (単行本)
図解絵本 東京スカイツリー (単行本) (JUGEMレビュー »)
モリナガ・ヨウ
足場にある鉄管のキャップから、巨大クレーンまで思う存分描写しました。子供から大人までぜひぜひ。
RECOMMEND
モリナガ・ヨウのプラモ迷宮日記 第2集 「ガンメタルの巻」
モリナガ・ヨウのプラモ迷宮日記 第2集 「ガンメタルの巻」 (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
解説は尊敬する東大の加藤陽子先生なのじゃ!
RECOMMEND
モリナガ・ヨウのプラモ迷宮日記: 第1集〔フィールドグレイの巻〕
モリナガ・ヨウのプラモ迷宮日記: 第1集〔フィールドグレイの巻〕 (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
帯の文句は
「では、教育してやるか」
です〜
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
新幹線と車両基地
新幹線と車両基地 (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
初の児童書。



ハードカバーなんですよ、あなた!



驚異の3刷1万1500部



RECOMMEND
東京右往左往―TOKYO GOING THIS WAY AND THAT
東京右往左往―TOKYO GOING THIS WAY AND THAT (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
あからさまに画像をつけたりして。
RECOMMEND
働く車大全集―特殊車両36台の秘密を公開!
働く車大全集―特殊車両36台の秘密を公開! (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
アマゾンのレビューでファンの方が怒っておられます、すいません、あのカタログページは自分の希望なのです・・。
RECOMMEND
35分の1スケールの迷宮物語
35分の1スケールの迷宮物語 (JUGEMレビュー »)
モリナガ・ヨウ
4刷り14000部

これに通販限定版の1万部が乗るのかな?
RECOMMEND
RECOMMEND
あら、カナちゃん!
あら、カナちゃん! (JUGEMレビュー »)
モリナガ・ヨウ
クリックするとアマゾンでは
画像が見られるようです。
RECOMMEND
図録「王立科学博物館」
図録「王立科学博物館」 (JUGEMレビュー »)

自分もマンガ班として参加しています。

ものすごい書籍だと思います
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
安心マンション50のポイント―プロが教える見分け方
安心マンション50のポイント―プロが教える見分け方 (JUGEMレビュー »)
竹島 清
アネハ問題で、増補改定。
カバーと中のイラストを。
RECOMMEND
科学の国のアリス―入門!ニュートン物理学
科学の国のアリス―入門!ニュートン物理学 (JUGEMレビュー »)
福江 純
人形と、挿絵を。
・・・楽しかったかも
RECOMMEND
アインシュタインの宿題
アインシュタインの宿題 (JUGEMレビュー »)
福江 純
人形と、挿絵・数式など。
裏表紙の写真の方が似ています。
RECOMMEND
脳をめぐる冒険
脳をめぐる冒険 (JUGEMレビュー »)
竹内 薫, 藤井 かおり, モリナガ ヨウ
『右脳メイド』を世に送り出しました。
MOBILE
qrcode
<< 私鉄 | main | しし座流星群 >>
分身
 根がアニミズム体質なのか、道具となかなか別れられない。

月曜日は古紙・古着などの資源回収だから、ふと目に付いたエプロンを処分することにした。

猛暑の真夏を除いて、仕事中はエプロンをしている。始めからそうだったわけではない。1995〜6年ごろ取材仕事が増え、近所の現像屋さんに
かなりのペースで写真を出すようになった。「お得意さん」状態になったのか、店主がいろいろお土産をくれた。エプロンもその一つである。

「AXIA」のロゴに時代を感じるなあ。

以来、エプロンびとになった。
これは自分のために作られたのでは?と思うくらい気に入った。

始めはもちろん目の覚めるような紺色だったが、何年も経つうちに色が
落ちてきた。肌に馴染み10年ぐらい供に仕事をした。塗料の跡など、それぞれ意味があったりする。記録と言えば記録だ。

数年前引越しを機に、近所のホームセンターで新しいのを買った。
基本昼間は着けっぱなしだから、家の周囲を歩くときみすぼらしく目立つのが最大の理由だったかもしれない。
金具止めの輪も破けてしまったし、買い換えたら文字通り「心機一転」な感じであった。

それでももったいない?から、長男が何かする時に貸したりしたけど、5年近く備蓄=供養タイムを作ったからいいかな、と。


他の特に思い入れのない古Tシャツなどと一緒に運ばれていったようである。
| モノ | 11:23 | comments(7) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
モリナガさん家の、付喪神による百鬼夜行の様子を見てみたいですね。やはりペンとか筆とか、仕事道具が多いのでしょうか。
| 間地出 外吉 | 2009/11/16 12:30 PM |
ご近所ではモリナガさんはやはり「ほら,あのエプロンしてるおじさん」と識別されているのでしょうか.
| 青木伸也 | 2009/11/16 1:19 PM |
所沢のファミレスで会った時に着てましたね。
| 平田英明 | 2009/11/16 2:07 PM |
私も、衣服は着倒す方かもしれません(^_^;)
エプロンと言えば、この間子どもたちの小学校でPTA主宰の集いがあって、お手伝いで参加したんですが、エプロン持参というのでタミヤのを着けてたら、一部の男子小学生とそこそこの数のお父さんから注目を浴びました(^-^ゞ。
| 東太郎 | 2009/11/16 10:00 PM |
みんなエプロン好きなの?!

>外吉さま
ブログを遡ってみたら、先代の机とか古道具系の記述が多くて。
すぐ魂が宿ってしまいます。

こういう時間で生きていると、最近の電化製品は「通り過ぎるだけ」な気分です。

>青木先生
先日文具屋に行ったら「花屋さん?」と言われました。

>平田さま
え?そうでしたっけ・・・。だらしないなあ、自分。
エプロンして自動車運転・・・ますます花屋


>東太郎さま
過日、タミヤTシャツの子供と信号待ちをしていると、向こうにタミヤ帽子を被った自転車オジサンがいました。

不思議な連帯感が。
| モ | 2009/11/16 10:38 PM |
服はなかなか捨てられませんね〜。
ましてや仕事で使って愛着のあるものだと。

服以外にも、仕事の道具(ペン軸とか定規とか)も戦友感覚で処分に躊躇が。
引越しのようなイベントでもないと、なかなか……
| 佐藤正 | 2009/11/17 10:52 PM |
>佐藤さま
仕事の道具はペン先だけはまとめて処分していますね。
そういえば高校生のときに作った「烏口にインキを入れるヤツ」は、まだあります。

携帯用の鉛筆けずりも、ウエストジャーマニーだし・・・・
| モ | 2009/11/18 7:52 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://marumo.marumo.oops.jp/trackback/1038612
トラックバック