CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
図解絵本 東京スカイツリー (単行本)
図解絵本 東京スカイツリー (単行本) (JUGEMレビュー »)
モリナガ・ヨウ
足場にある鉄管のキャップから、巨大クレーンまで思う存分描写しました。子供から大人までぜひぜひ。
RECOMMEND
モリナガ・ヨウのプラモ迷宮日記 第2集 「ガンメタルの巻」
モリナガ・ヨウのプラモ迷宮日記 第2集 「ガンメタルの巻」 (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
解説は尊敬する東大の加藤陽子先生なのじゃ!
RECOMMEND
モリナガ・ヨウのプラモ迷宮日記: 第1集〔フィールドグレイの巻〕
モリナガ・ヨウのプラモ迷宮日記: 第1集〔フィールドグレイの巻〕 (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
帯の文句は
「では、教育してやるか」
です〜
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
新幹線と車両基地
新幹線と車両基地 (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
初の児童書。



ハードカバーなんですよ、あなた!



驚異の3刷1万1500部



RECOMMEND
東京右往左往―TOKYO GOING THIS WAY AND THAT
東京右往左往―TOKYO GOING THIS WAY AND THAT (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
あからさまに画像をつけたりして。
RECOMMEND
働く車大全集―特殊車両36台の秘密を公開!
働く車大全集―特殊車両36台の秘密を公開! (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
アマゾンのレビューでファンの方が怒っておられます、すいません、あのカタログページは自分の希望なのです・・。
RECOMMEND
35分の1スケールの迷宮物語
35分の1スケールの迷宮物語 (JUGEMレビュー »)
モリナガ・ヨウ
4刷り14000部

これに通販限定版の1万部が乗るのかな?
RECOMMEND
RECOMMEND
あら、カナちゃん!
あら、カナちゃん! (JUGEMレビュー »)
モリナガ・ヨウ
クリックするとアマゾンでは
画像が見られるようです。
RECOMMEND
図録「王立科学博物館」
図録「王立科学博物館」 (JUGEMレビュー »)

自分もマンガ班として参加しています。

ものすごい書籍だと思います
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
安心マンション50のポイント―プロが教える見分け方
安心マンション50のポイント―プロが教える見分け方 (JUGEMレビュー »)
竹島 清
アネハ問題で、増補改定。
カバーと中のイラストを。
RECOMMEND
科学の国のアリス―入門!ニュートン物理学
科学の国のアリス―入門!ニュートン物理学 (JUGEMレビュー »)
福江 純
人形と、挿絵を。
・・・楽しかったかも
RECOMMEND
アインシュタインの宿題
アインシュタインの宿題 (JUGEMレビュー »)
福江 純
人形と、挿絵・数式など。
裏表紙の写真の方が似ています。
RECOMMEND
脳をめぐる冒険
脳をめぐる冒険 (JUGEMレビュー »)
竹内 薫, 藤井 かおり, モリナガ ヨウ
『右脳メイド』を世に送り出しました。
MOBILE
qrcode
<< しし座流星群 | main | 『空気人形』 >>
正直うれしい
 今月の『散歩の達人』銀座特集の表紙に、去年描いた昭和30年代
銀座イラストを使ってもらいました。

街ルポに格別の思い入れのある自分としては、望外の喜びであります。




「東京右往左往」を連載しているころ、「散歩の達人とネタが被ったら
どうしよう」と毎号ドキドキしていたことを思い出します。
一度だけ「多摩湖」特集でぶつかりました。
当時はかなり変な雑誌で、創刊号は手元に保存しています。
東大駒場寮潜入とか、床屋で1円分切ってもらう、とか役に立つのか
立たないのか分からない記事満載で。
やっぱり街は面白いなあ、と。

(やりすぎ?!だったのか、比較的マトモな情報誌に舵を切り
今日に至っているようです。)

ともあれ、ポスターやポップにも使っていただけるみたいです。



| 雑談 | 18:57 | comments(8) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
ああ、いいですねえ。

『散歩の達人』では、「ベリー・ベスト・オブ・電柱」という
電柱の記事が印象に残ってます。

電柱で特集を組んだのは、後にも先にもこれだけでしょう。
| 新保信長 | 2009/11/22 12:24 AM |
東京右往左往の”どぶ特集”に匹敵する企画ですね。
願わくばもう一度、おバカな企画に寛容な時代の訪れます事を。
| 間地出 外吉 | 2009/11/22 8:37 PM |
先日、イベントの帰りに打ち上げがあるということで初めて銀座の町を歩きました。
銀座と聞いてかなり警戒していたのですが、想像以上にお財布に優しい打ち上げでした(笑
先入観は恐ろしいものです
| RC | 2009/11/23 11:59 PM |
銀座の地下鉄通路でポスターを発見。
時間ができたらコミュにアップしますね。
| moon | 2009/11/25 3:56 PM |
これが30年前の銀座ですか。20代の頃勤めていた丸の内、よく遊びにいった日比谷・六本木・原宿等々、どこもかしこもすっかり様変わりしてしまって、楽しい思い出のある景色が無くなってしまって少し悲しい。でも銀座の町並みはずっと変わらないから好きです。でもこの絵を見ると、さすがに昭和30年からは、だいぶ様変わりしてますね。毎度自分の話ばかりでスミマセン。
| みうママ | 2009/11/25 8:57 PM |
仕事がはかどらず、仁義?的にブログを
更新しづらいのですじゃ。


>信長さま
電柱特集!
一般の生活とは違った視角を提供するのは、出版の大切な役割ですね。
すばらしい。

近所の丸太電柱が先日取り替えられました。

>外吉さま
どぶ・・・。最近はあんまり散歩をしなくなりました。いかんいかん、と思います。

| | 2009/11/26 9:01 AM |
銀座にはフレッドペリーのでかいお店があるので行ったこと
あるのですがビルに対して道が細すぎて迷いました。
なんというか立体視がおかしくなるというか。
番地どおりに歩く迷わないタイプなんですが・・。
| ドレン | 2009/11/28 9:58 PM |
遅くなりまして。

>RCさま
そういえば自分もたまに銀座の飲み会に
誘われますが、普通ですね。

・・・それは「銀座で飲んだ」ことに
ならない??


磯辺焼きの屋台でモチ喰ったのは銀座ならではですよ。


>みうママさま
丸の内にお勤め!
年齢が近いから大丈夫です。
背負ってる風景が同じ(笑。
『東京右往左往』も送りましょうか。

そのころ原稿を届けによく銀行会館の隣に行きました。もうハリボテですね。
英文朝日も築地「活作」前にあって、その辺は歩きました。あちこち工事していましたっけ・・・。

>moonさま
ありがとうございます。
写真は後ほど盗用します〜


>ドレンさま
道がそのままでビルが大きくなったのですね。確かにビルとビルの隙間って感じ・・。
先日も歩いても歩いても松屋の先に出られなくって。
| モ | 2009/12/02 1:43 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://marumo.marumo.oops.jp/trackback/1038614
トラックバック