CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
図解絵本 東京スカイツリー (単行本)
図解絵本 東京スカイツリー (単行本) (JUGEMレビュー »)
モリナガ・ヨウ
足場にある鉄管のキャップから、巨大クレーンまで思う存分描写しました。子供から大人までぜひぜひ。
RECOMMEND
モリナガ・ヨウのプラモ迷宮日記 第2集 「ガンメタルの巻」
モリナガ・ヨウのプラモ迷宮日記 第2集 「ガンメタルの巻」 (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
解説は尊敬する東大の加藤陽子先生なのじゃ!
RECOMMEND
モリナガ・ヨウのプラモ迷宮日記: 第1集〔フィールドグレイの巻〕
モリナガ・ヨウのプラモ迷宮日記: 第1集〔フィールドグレイの巻〕 (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
帯の文句は
「では、教育してやるか」
です〜
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
新幹線と車両基地
新幹線と車両基地 (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
初の児童書。



ハードカバーなんですよ、あなた!



驚異の3刷1万1500部



RECOMMEND
東京右往左往―TOKYO GOING THIS WAY AND THAT
東京右往左往―TOKYO GOING THIS WAY AND THAT (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
あからさまに画像をつけたりして。
RECOMMEND
働く車大全集―特殊車両36台の秘密を公開!
働く車大全集―特殊車両36台の秘密を公開! (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
アマゾンのレビューでファンの方が怒っておられます、すいません、あのカタログページは自分の希望なのです・・。
RECOMMEND
35分の1スケールの迷宮物語
35分の1スケールの迷宮物語 (JUGEMレビュー »)
モリナガ・ヨウ
4刷り14000部

これに通販限定版の1万部が乗るのかな?
RECOMMEND
RECOMMEND
あら、カナちゃん!
あら、カナちゃん! (JUGEMレビュー »)
モリナガ・ヨウ
クリックするとアマゾンでは
画像が見られるようです。
RECOMMEND
図録「王立科学博物館」
図録「王立科学博物館」 (JUGEMレビュー »)

自分もマンガ班として参加しています。

ものすごい書籍だと思います
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
安心マンション50のポイント―プロが教える見分け方
安心マンション50のポイント―プロが教える見分け方 (JUGEMレビュー »)
竹島 清
アネハ問題で、増補改定。
カバーと中のイラストを。
RECOMMEND
科学の国のアリス―入門!ニュートン物理学
科学の国のアリス―入門!ニュートン物理学 (JUGEMレビュー »)
福江 純
人形と、挿絵を。
・・・楽しかったかも
RECOMMEND
アインシュタインの宿題
アインシュタインの宿題 (JUGEMレビュー »)
福江 純
人形と、挿絵・数式など。
裏表紙の写真の方が似ています。
RECOMMEND
脳をめぐる冒険
脳をめぐる冒険 (JUGEMレビュー »)
竹内 薫, 藤井 かおり, モリナガ ヨウ
『右脳メイド』を世に送り出しました。
MOBILE
qrcode
<< アナウンサー似顔絵 | main | 黒澤明生誕100周年イベント >>
『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』
 先日東京大学に行ってきた。

好天に恵まれ、イチョウが美しかった。
こんな場所で毎日勉強できたらどんなに楽しいだろう。

縁あって『それでも、日本人は『戦争』を選んだ』の著者である加藤陽子先生の取材に混ぜてもらったのである。

大変に面白い本で、知人が近々行くのだというのでナゾのマンガ班として同行した。
正直全くの余計者である。



先生の研究室でジャーナリストの方のインタビューが進む。
一段落して雑談タイムになり、ちゃんと自己紹介をした。
「大学では歴史をやっていました、早稲田の北河先生のゼミでした」
「あー、北河先生はいまコレコレの研究なさってますね」
そうだよなあ、大学の研究者社会狭そうだ。

「でも何でイラストが描けるんですか」と、逆に突っ込まれた。
「漫研にいまして・・・あと祖父がそういった仕事で・・・」
ものすごい速度で過去を掘り下げられた。
恐るべし歴史家!

インタビューの中で、歴史の想像力みたいな話が出ていた。
自分もそれに関して思い出があるので、それを話す。
「高校の日本史の先生もそんなことをおっしゃっていました。
最初の授業で腹に手を当て目をつぶれ、そして想像せよ、と」
「まー、素晴らしい先生です、何先生ですか」
「野村オトジロー先生といいます・・・?」
「んまー!野村先生?!」
ぐえー。なんで高校の先生まで知られていなくてはならんのか。
なんでも石原莞爾研究では超有名人らしい。
知らなかった、野村先生、スマヌ。



なんかこう、連綿たる先生と生徒の繋がりを意識した一日であった。
一人で生きているようで、全然そんなことはないというか。
いったいこういう時どうすればいいのか全然わからない。


死んだおじいちゃんが見ていてるよ、みたいな?
師達は生きてるけど。





| ご本 | 00:05 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
オトジロー先生!?あのオッぺケぺ節の?
(それは川上音二郎)

失礼しました(汗)。

満映の甘粕正彦氏は、私の出身高校の大先輩である事を最近になって知りました。
| 間地出 外吉 | 2009/12/15 1:03 AM |
>外吉さま
歴史のある高校なのですね!

こちらは布施明と高田純次らしいです。
高田純次・・・・。
| モ | 2009/12/15 1:07 AM |
 私ん高校の先輩は、赤木圭一郎…
| 松浦晋也 | 2009/12/15 1:21 AM |
>松浦さま
日活・・・
校風になにかそういうものが残っている?!

河合塾千駄ヶ谷校出身の誰かいないかしら。
| モ | 2009/12/15 4:23 PM |
いやー冗談ごとではなく、歴史に接するにあたり、妄想力と想像力の峻別というのは本当に大事なコトだと思いますよ。よりによって知識膨満な人ほど、その点だけわが身を振り返りたがらないものですが。
| 桜樹ルイ16世 | 2009/12/15 7:52 PM |
>桜樹ルイ16世さま
まあ、自分の想像力は身体感覚的距離感で
しかないのですけど。
認められる?と前向きに生きられますね。

知識パズルで妄想がひらめくってのも
わからんでもないですけど・・・。


プチ近況
今歴史系仕事のお手伝いをしていて、多幸感で痺れているところ。
| モ | 2009/12/17 9:33 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://marumo.marumo.oops.jp/trackback/1038619
トラックバック