CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
図解絵本 東京スカイツリー (単行本)
図解絵本 東京スカイツリー (単行本) (JUGEMレビュー »)
モリナガ・ヨウ
足場にある鉄管のキャップから、巨大クレーンまで思う存分描写しました。子供から大人までぜひぜひ。
RECOMMEND
モリナガ・ヨウのプラモ迷宮日記 第2集 「ガンメタルの巻」
モリナガ・ヨウのプラモ迷宮日記 第2集 「ガンメタルの巻」 (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
解説は尊敬する東大の加藤陽子先生なのじゃ!
RECOMMEND
モリナガ・ヨウのプラモ迷宮日記: 第1集〔フィールドグレイの巻〕
モリナガ・ヨウのプラモ迷宮日記: 第1集〔フィールドグレイの巻〕 (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
帯の文句は
「では、教育してやるか」
です〜
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
新幹線と車両基地
新幹線と車両基地 (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
初の児童書。



ハードカバーなんですよ、あなた!



驚異の3刷1万1500部



RECOMMEND
東京右往左往―TOKYO GOING THIS WAY AND THAT
東京右往左往―TOKYO GOING THIS WAY AND THAT (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
あからさまに画像をつけたりして。
RECOMMEND
働く車大全集―特殊車両36台の秘密を公開!
働く車大全集―特殊車両36台の秘密を公開! (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
アマゾンのレビューでファンの方が怒っておられます、すいません、あのカタログページは自分の希望なのです・・。
RECOMMEND
35分の1スケールの迷宮物語
35分の1スケールの迷宮物語 (JUGEMレビュー »)
モリナガ・ヨウ
4刷り14000部

これに通販限定版の1万部が乗るのかな?
RECOMMEND
RECOMMEND
あら、カナちゃん!
あら、カナちゃん! (JUGEMレビュー »)
モリナガ・ヨウ
クリックするとアマゾンでは
画像が見られるようです。
RECOMMEND
図録「王立科学博物館」
図録「王立科学博物館」 (JUGEMレビュー »)

自分もマンガ班として参加しています。

ものすごい書籍だと思います
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
安心マンション50のポイント―プロが教える見分け方
安心マンション50のポイント―プロが教える見分け方 (JUGEMレビュー »)
竹島 清
アネハ問題で、増補改定。
カバーと中のイラストを。
RECOMMEND
科学の国のアリス―入門!ニュートン物理学
科学の国のアリス―入門!ニュートン物理学 (JUGEMレビュー »)
福江 純
人形と、挿絵を。
・・・楽しかったかも
RECOMMEND
アインシュタインの宿題
アインシュタインの宿題 (JUGEMレビュー »)
福江 純
人形と、挿絵・数式など。
裏表紙の写真の方が似ています。
RECOMMEND
脳をめぐる冒険
脳をめぐる冒険 (JUGEMレビュー »)
竹内 薫, 藤井 かおり, モリナガ ヨウ
『右脳メイド』を世に送り出しました。
MOBILE
qrcode
<< リアル初天神 | main | 凧揚げの思い出最後。 >>
リアル初天神(承前)
 さてさて、三角の洋凧がやってきた。
最初に買ったのは黒くって、クチバシ(?糸をつける中心部の三角のトコ)が黄色。目玉模様は小さい。

糸巻きの形から違っていた。短めのリレーのバトンに似た青い筒に、白いナイロンの糸が巻いてある。それまでの日本情緒のカケラもない、クールな感じだった。空中に凧が揚がったときの糸の出て行きっぷりが凄まじい。タテに出て行く。
あっという間に全部消費し、円筒の先端にある白いふた様の糸止めに引っかかって止まる。
手を離したら飛んで行っちゃうぞ。


日曜日、行った広い公園にはいくつも揚がっていた。

芦花公園は、そのころ作りかけか完成したての時期で、現在(30年後)より樹が低かったのではないだろうか。
そんなに強風という訳ではなかったが、揚がる。
素晴らしい!
しばらく遊んでいると、ああ、近くの凧にひっかかる・・・・上空でもつれて自分の糸が切れた。
凧は墜落してしまった。
まあ、しょうがないですね。

一緒に行った父親は「お父さんのころはケンカ凧と言って、相手の糸を上空で切ったほうが勝ちだった。ガラス片をくっつけたりしたよ」などと戦闘的なことを言っている。

凧は父親の方が逆上するのは真理なのかな?

翌週。父親に言われて糸を3セット買ってくる。父はそれぞれ縁側に並べて糸を出し、なんと言うことか三つ編みを始めた。3本を1本にまとめたのである。
「これで大丈夫だ!」(この辺のやり取りは雰囲気で)

三つ編み糸で上空に上がった我が強化ゲイラカイトは、絡んできた雑魚をば鎧袖一触バサバサ撃墜したのは言うまでもない。

数機落としたように記憶している。


※ピンとこないひとのために。
「初天神」というのは、コドモの凧を手伝っているうちに夢中になる親の落語があるのです。

| 日常 | 23:39 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
タイトルと無関係ですが・・・
多部さんについて、好きな人とそうでない人が両極端に別れる事が多い様です。
民放ドラマで初めて見たときは、目力の強い女の子だなという印象でした(鹿男あをによし)。
| 間地出 外吉 | 2010/02/04 10:01 PM |
そうそう、三角の洋凧、流行りましたねー。
そう、黒くてクチバシが黄色のヤツ、私もやりました!
 
昔は「凧をあげる時は電線に注意しましょう」という看板がいたる所にあったものです。今は凧をあげる子供なんて滅多に見ません。だから娘さんの学校で凧を作ったなんて、ちょっとびっくりです。
| みうママ | 2010/02/05 1:09 PM |
子供の頃、凧揚げは更地の30m道路でやりましたね。
調度リストランテ大澤の近く(笑)

落語ネタ、良いなぁ。
この前『落語でショー』という落語の世界を役者が数人で演じる舞台を観てきたんですが、やっぱ独りの落語家が行う噺が観たくなりました。
今度寄席に行きませんか?
| せい | 2010/02/06 10:25 AM |
>外吉さま
家族が聞いてくれない多部ちゃんの話は、今度まとめて書きます。


>みうママさま
「凧をあげる時は・・・」ありましたありました!

自分も子供が育つまで目に入らなかったのですけど、昨日も隣の市を車で走っていたら自作凧を持った小学生の列とすれ違いました。揚がるかどうかは不明ですが。

ちなみにムスメと凧揚げしたところに生えている樹には、凧の残骸が3つくらい引っかかっていました。

>せいちゃん
「更地の30m道路」て!(爆笑)
まさかその後道路わきの高校に行こうとは、神ならぬ身ではわかろうはずもなかった・・。

自分の卒業アルバム空撮では、まだ明星くらいまで来てなかったよ。

>寄席
ふらりと。
| モ | 2010/02/10 6:05 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://marumo.marumo.oops.jp/trackback/1038635
トラックバック