CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
図解絵本 東京スカイツリー (単行本)
図解絵本 東京スカイツリー (単行本) (JUGEMレビュー »)
モリナガ・ヨウ
足場にある鉄管のキャップから、巨大クレーンまで思う存分描写しました。子供から大人までぜひぜひ。
RECOMMEND
モリナガ・ヨウのプラモ迷宮日記 第2集 「ガンメタルの巻」
モリナガ・ヨウのプラモ迷宮日記 第2集 「ガンメタルの巻」 (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
解説は尊敬する東大の加藤陽子先生なのじゃ!
RECOMMEND
モリナガ・ヨウのプラモ迷宮日記: 第1集〔フィールドグレイの巻〕
モリナガ・ヨウのプラモ迷宮日記: 第1集〔フィールドグレイの巻〕 (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
帯の文句は
「では、教育してやるか」
です〜
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
新幹線と車両基地
新幹線と車両基地 (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
初の児童書。



ハードカバーなんですよ、あなた!



驚異の3刷1万1500部



RECOMMEND
東京右往左往―TOKYO GOING THIS WAY AND THAT
東京右往左往―TOKYO GOING THIS WAY AND THAT (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
あからさまに画像をつけたりして。
RECOMMEND
働く車大全集―特殊車両36台の秘密を公開!
働く車大全集―特殊車両36台の秘密を公開! (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
アマゾンのレビューでファンの方が怒っておられます、すいません、あのカタログページは自分の希望なのです・・。
RECOMMEND
35分の1スケールの迷宮物語
35分の1スケールの迷宮物語 (JUGEMレビュー »)
モリナガ・ヨウ
4刷り14000部

これに通販限定版の1万部が乗るのかな?
RECOMMEND
RECOMMEND
あら、カナちゃん!
あら、カナちゃん! (JUGEMレビュー »)
モリナガ・ヨウ
クリックするとアマゾンでは
画像が見られるようです。
RECOMMEND
図録「王立科学博物館」
図録「王立科学博物館」 (JUGEMレビュー »)

自分もマンガ班として参加しています。

ものすごい書籍だと思います
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
安心マンション50のポイント―プロが教える見分け方
安心マンション50のポイント―プロが教える見分け方 (JUGEMレビュー »)
竹島 清
アネハ問題で、増補改定。
カバーと中のイラストを。
RECOMMEND
科学の国のアリス―入門!ニュートン物理学
科学の国のアリス―入門!ニュートン物理学 (JUGEMレビュー »)
福江 純
人形と、挿絵を。
・・・楽しかったかも
RECOMMEND
アインシュタインの宿題
アインシュタインの宿題 (JUGEMレビュー »)
福江 純
人形と、挿絵・数式など。
裏表紙の写真の方が似ています。
RECOMMEND
脳をめぐる冒険
脳をめぐる冒険 (JUGEMレビュー »)
竹内 薫, 藤井 かおり, モリナガ ヨウ
『右脳メイド』を世に送り出しました。
MOBILE
qrcode
<< リアル初天神(承前) | main | 平成じゃらん節 >>
凧揚げの思い出最後。
さて、いろいろ行事が相次ぎブログが後回しになっている。
凧上げ編の最後。



ゲイラカイトはとにかくよく揚がった。『ハチミツとクローバー』というマンガで、お金持ちの森田さんが雲の上まで上げてしまい「誰かが上で引っ張っているぅ」と泣くエピソードがあった。似たようなこと自分もしている。

前述の公園ではなく、近所の空き地で揚げたときのことだ。
友人と二人でゲイラカイトがどこまで揚がるのかやってみたのだ。

北風に乗って凧はするすると昇っていった。一瞬で糸がなくなる。
どうしよう、糸を追加しようということになり、ひとりが自転車で玩具屋に走る。待っているほうは、必死に糸巻きを持って飛んでいかないように頑張るのだ。

そして、追加の糸を結び、再び放出する。倍の距離に凧はすっ飛んでいった。
子供だから「何本もまとめて購入する」という知恵がない。いや、どんなに必要か見当もつかないし。
冬場だから、二人ともお小遣いをそこそこ持っていたのかな?何回か往復したように思う。


後半は手ごたえも何も、「ただ引っ張られているのを持っている」状態になった。でも手を離すと飛んで行っちゃうんだろうなあ。
見た感じ5ミリ弱?
あまり天気がよくなかったから、何だかグレーの小さなナニモノかになった。
でも強力に引かれている。

だんだん薄暗くなり、正直飽きてきた。・・・・子供だ。

延々巻いて回収したはずだが、全く記憶にない。

その後また揚げて、今度は糸が切れ「さようなら」となり、なぜか少しほっとした。
どこか別の町の鉄塔の向こうに消えていった。


| 日常 | 21:02 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
>お空の上の人
私の金運も、森田さんの凧のように上がって欲しいです。
ハチクロを読むたび、藤原デザインの山崎さんがモリナガさんに見えて仕方がありません。
>外吉さんてどんな人?
バツイチの1級建築士。森田+真山÷2(竹本君成分はゼロ)。
| 間地出 外吉 | 2010/02/10 10:31 PM |
>外吉さま
な、なるほどー!
| モ | 2010/02/11 2:51 PM |
あら、私の妹もバツイチの一級建築士ですヨ。
ちなみに私はモリナガさんとたいして歳が変わらないのに、2歳の子を持つ専業主婦です。オープンでアットホームな感じなブログなので、業界の方(っていうんですか?)のコメントが多い中、おばさん丸出しな発言で参加させていただいてます。
| みうママ | 2010/02/16 1:03 PM |
>みうママさま
オープンでアットホーム!????(笑

みうママさんのトコは、愛ある突っ込みで愉快なサイトですよね。


・・・・・一級建築士は皆バツイチである、と。メモメモ
| モ | 2010/02/16 8:31 PM |
>みうママさん
妹さんによろしくです。
>モリナガさん
皆ではなくても、たしかにバツイチ割合は高いかも・・・
| 間地出 外吉 | 2010/02/16 9:03 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://marumo.marumo.oops.jp/trackback/1038636
トラックバック