CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
図解絵本 東京スカイツリー (単行本)
図解絵本 東京スカイツリー (単行本) (JUGEMレビュー »)
モリナガ・ヨウ
足場にある鉄管のキャップから、巨大クレーンまで思う存分描写しました。子供から大人までぜひぜひ。
RECOMMEND
モリナガ・ヨウのプラモ迷宮日記 第2集 「ガンメタルの巻」
モリナガ・ヨウのプラモ迷宮日記 第2集 「ガンメタルの巻」 (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
解説は尊敬する東大の加藤陽子先生なのじゃ!
RECOMMEND
モリナガ・ヨウのプラモ迷宮日記: 第1集〔フィールドグレイの巻〕
モリナガ・ヨウのプラモ迷宮日記: 第1集〔フィールドグレイの巻〕 (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
帯の文句は
「では、教育してやるか」
です〜
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
新幹線と車両基地
新幹線と車両基地 (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
初の児童書。



ハードカバーなんですよ、あなた!



驚異の3刷1万1500部



RECOMMEND
東京右往左往―TOKYO GOING THIS WAY AND THAT
東京右往左往―TOKYO GOING THIS WAY AND THAT (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
あからさまに画像をつけたりして。
RECOMMEND
働く車大全集―特殊車両36台の秘密を公開!
働く車大全集―特殊車両36台の秘密を公開! (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
アマゾンのレビューでファンの方が怒っておられます、すいません、あのカタログページは自分の希望なのです・・。
RECOMMEND
35分の1スケールの迷宮物語
35分の1スケールの迷宮物語 (JUGEMレビュー »)
モリナガ・ヨウ
4刷り14000部

これに通販限定版の1万部が乗るのかな?
RECOMMEND
RECOMMEND
あら、カナちゃん!
あら、カナちゃん! (JUGEMレビュー »)
モリナガ・ヨウ
クリックするとアマゾンでは
画像が見られるようです。
RECOMMEND
図録「王立科学博物館」
図録「王立科学博物館」 (JUGEMレビュー »)

自分もマンガ班として参加しています。

ものすごい書籍だと思います
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
安心マンション50のポイント―プロが教える見分け方
安心マンション50のポイント―プロが教える見分け方 (JUGEMレビュー »)
竹島 清
アネハ問題で、増補改定。
カバーと中のイラストを。
RECOMMEND
科学の国のアリス―入門!ニュートン物理学
科学の国のアリス―入門!ニュートン物理学 (JUGEMレビュー »)
福江 純
人形と、挿絵を。
・・・楽しかったかも
RECOMMEND
アインシュタインの宿題
アインシュタインの宿題 (JUGEMレビュー »)
福江 純
人形と、挿絵・数式など。
裏表紙の写真の方が似ています。
RECOMMEND
脳をめぐる冒険
脳をめぐる冒険 (JUGEMレビュー »)
竹内 薫, 藤井 かおり, モリナガ ヨウ
『右脳メイド』を世に送り出しました。
MOBILE
qrcode
<< ルポ 改憲潮流 | main | ししとう >>
台湾の本屋さんサイトから
向こうのアマゾンみたいなのかな?


内容紹介がマニアックで、分かっているじゃないか!な感じである。
誤解を世界に!な???


本書精采內頁

P.8 東京迷路指南
東京迷路指南從市之谷開始,春天的賞櫻季節,在櫻花盛開的公園裡,

P.24 電車沙丁魚
講到東京的上班族通勤電車,便令人想到超乎人類極限的擁擠程度,作者為了體驗有「神話」之稱的小田急線尖峰時刻電車,

P.30 冬天的植物園
作者為了體驗不同季節的地方,特地選在冬天,來到調布的神代公園,

P.38 東京最熱的地方
東京的夏天熱起來也是會要人命的,但作者還要到最熱的地方去體驗看看,那就是「蒲田」。

P.48 町田市兜風記
作者有一天心血來潮地開車到東京南西部的要塞—町田市

P.64 你知道「東京大佛」嗎?
有天作者收到了讀者來信,表示板橋區有「東京大佛」,但因從來沒聽說過,因此從池袋坐上東武東上線,前往尋找大佛,在下赤塚下車後,隨著地圖的指引,一轉彎,就赫然發現大佛的頭,在市區有高達8米的佛像坐鎮,真的是不虛此行。


| 仕事 | 12:50 | comments(13) | trackbacks(1) | pookmark |
コメント
お、おもろい、、、、
小田急線尖峰時刻電車。どのエピソードかわかっちゃうから漢字ってすごいですねえ
| おーか | 2006/10/21 12:12 AM |
>東京南西部的要塞
この言い切りに、責任を感じます。台湾の人が勘違いしていないか心配・・・
| モ | 2006/10/21 12:29 AM |
めちゃくちゃウケました!(爆)
マルモさんの御本、とっても楽しく拝読致しましたが、
こうしてイジる事ができて、何度でも楽しめる、
噛めば噛む程味が出るスルメのようだと思いました。
御活躍の御様子、何よりです〜。
| まこりん | 2006/10/21 4:44 AM |
モリナガさんの本は海外でも読まれてるんですねー
僕はこの前本屋で1冊残ってるのを見つけたのですがお金が足りなくて断念...
なんとしても手に入れるためただいま節約月間です

話は変わりますが幕張メッセのイベント行きましたか?
僕は友達と行っていとこ(小2)の戦車洗脳のためラジコンのレオパルト2なんか買ってました。
| 千葉県民 | 2006/10/22 10:07 PM |
>まこりんサマ
ちゃんと翻訳されてる感じが可笑しいですね。
「作者のところに手紙がきた。「東京大仏?聞いたこと無いぞ。「就赫然發現大佛的頭! だもの。
隔週3年全力投球というのはするものですね。
何度も出版が頓挫して、その度火にくべようかとおもいましたが、ガマンしてよかったです。

>千葉県民さま
しばらく在庫するでしょうから、気長に貯めてください。
WTMのサイン会で、韓国の人やアメリカの人にサインしましたよ。
幕張は遠いので、今回も参加しませんでした。すいません。
小2の長男には、ガンダムを与えています。
チューブ入りの接着剤がなくビンはこぼすので、ハメコミ式が現実的なのです。
| モ | 2006/10/22 11:51 PM |
私もようやく購入しました。
ゆったりと読んでいます。
で、本に書いてある場所を実際に右往左往してみたり
とかもしてみたり・・。
もしかしたらトラバとかしちゃうかもしれません(ぇ
| アドルフ・キヨラ | 2006/10/23 12:49 AM |
東京からじゃ遠いですよね
東京駅から1時間くらいか
僕は幸い15分もあれば行けるのでモーターショーを年齢を偽ってタダ見してましたww

僕も小学生のころはガンダムつくってました爪きりで
けどすぐに腕とか頭とかなくしちゃってました
| 千葉県民 | 2006/10/23 4:29 PM |
>アドルフキヨラさま
これまた大変なことを・・・。赤羽や妙見島の現在が気になります(無責任)。

それから、本などの絵を引用するときは、
著作権者の許諾が必要です。最初だからしょうがないですけど、以後はお慎みください。特にインターネットは無限に複製が可能ですので。
一般的に、表紙は問題ないようです。

>千葉県民さま
いやあ、東京駅に行くのに一時間はかかりますから。
黄色い「三鷹ー千葉」の各駅停車の西の終点のもっと西です。
| モ | 2006/10/23 7:50 PM |
あっ、すいません、やはりマズかったですか・・。
軽はずみな行動をして申し訳ありませんでした。
今後は、写真だけで紹介して行きますのでよろしくおねがいします。(今回の記事の絵も編集して削除して置きました。今回は本当に申し訳ありませんでした。)
| アドルフ・キヨラ | 2006/10/24 3:45 PM |
お久しぶりです。予備校&大学以来かな?学祭にはよく似顔絵を書いてもらい、書きにくいなあ、と言われてました。馬場のまんがの森でモリナガ先生の原画展を偶然拝見し、その場で本を購入しました。鉄オタの弟とともに盛り上がっておりますよ。
| 高田の馬場子 | 2006/10/25 9:22 AM |
がーん!
高田の馬場子さまは、面影橋子さんで、牛丼屋さんですね!
モリナガは、あのまま突っ走って絵を描く人になってしまいました。


昨日東経大の学生の通学の列を見て、なんとなく予備校時代のことを思い出したところだったので衝撃でした。
何かのときにお会いできればよいですな。

鉄オタ(なんて言葉はなかった)の弟さんにもよろしう。
| モ | 2006/10/26 8:56 AM |
チャイ様。え?あそこって牛丼屋さんだったの?弟に確かめましたらそうらしい。まだ一歩も足踏み入れてません。共食いみたいだもん。
いずれ何かのときにお会い出来るでしょう。楽しみにしてます。
| 高田の馬場子 | 2006/10/28 11:14 AM |
チャイ様なんてそんな。
気が向いたら、連絡くださいな〜
| モ | 2006/11/01 11:39 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://marumo.marumo.oops.jp/trackback/477649
トラックバック
東京右往左往
みなさまこんにちは。 毎度おなじみアドルフです。 さて、先日いつもサイトでお世話になっています。 モリナガ・ヨウさん著書の「東京右往左往」を買いまして ・・・そんな訳で・・・・・突発的な企画その名も 「東京右往左往を持ってリアル東京右往左往しちゃおう!
| ふにゃふにゃモデラー記 | 2006/10/23 12:50 AM |