CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
図解絵本 東京スカイツリー (単行本)
図解絵本 東京スカイツリー (単行本) (JUGEMレビュー »)
モリナガ・ヨウ
足場にある鉄管のキャップから、巨大クレーンまで思う存分描写しました。子供から大人までぜひぜひ。
RECOMMEND
モリナガ・ヨウのプラモ迷宮日記 第2集 「ガンメタルの巻」
モリナガ・ヨウのプラモ迷宮日記 第2集 「ガンメタルの巻」 (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
解説は尊敬する東大の加藤陽子先生なのじゃ!
RECOMMEND
モリナガ・ヨウのプラモ迷宮日記: 第1集〔フィールドグレイの巻〕
モリナガ・ヨウのプラモ迷宮日記: 第1集〔フィールドグレイの巻〕 (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
帯の文句は
「では、教育してやるか」
です〜
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
新幹線と車両基地
新幹線と車両基地 (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
初の児童書。



ハードカバーなんですよ、あなた!



驚異の3刷1万1500部



RECOMMEND
東京右往左往―TOKYO GOING THIS WAY AND THAT
東京右往左往―TOKYO GOING THIS WAY AND THAT (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
あからさまに画像をつけたりして。
RECOMMEND
働く車大全集―特殊車両36台の秘密を公開!
働く車大全集―特殊車両36台の秘密を公開! (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
アマゾンのレビューでファンの方が怒っておられます、すいません、あのカタログページは自分の希望なのです・・。
RECOMMEND
35分の1スケールの迷宮物語
35分の1スケールの迷宮物語 (JUGEMレビュー »)
モリナガ・ヨウ
4刷り14000部

これに通販限定版の1万部が乗るのかな?
RECOMMEND
RECOMMEND
あら、カナちゃん!
あら、カナちゃん! (JUGEMレビュー »)
モリナガ・ヨウ
クリックするとアマゾンでは
画像が見られるようです。
RECOMMEND
図録「王立科学博物館」
図録「王立科学博物館」 (JUGEMレビュー »)

自分もマンガ班として参加しています。

ものすごい書籍だと思います
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
安心マンション50のポイント―プロが教える見分け方
安心マンション50のポイント―プロが教える見分け方 (JUGEMレビュー »)
竹島 清
アネハ問題で、増補改定。
カバーと中のイラストを。
RECOMMEND
科学の国のアリス―入門!ニュートン物理学
科学の国のアリス―入門!ニュートン物理学 (JUGEMレビュー »)
福江 純
人形と、挿絵を。
・・・楽しかったかも
RECOMMEND
アインシュタインの宿題
アインシュタインの宿題 (JUGEMレビュー »)
福江 純
人形と、挿絵・数式など。
裏表紙の写真の方が似ています。
RECOMMEND
脳をめぐる冒険
脳をめぐる冒険 (JUGEMレビュー »)
竹内 薫, 藤井 かおり, モリナガ ヨウ
『右脳メイド』を世に送り出しました。
MOBILE
qrcode
<< 王立科学博物館発売・イベント告知など | main | 昭和記念公園 >>
王立科学博物館マンガ班
過日秋葉原で、『図録 王立科学博物館』の発売記念イベントがあった。
基本的には岡田さんのトークショーで、面白かった。
そうだったのかあ、というココだけの「夢の話」とか。

そういえば、「王立」の執筆陣が全員揃うのは初めてではないか!
イベントのあとで、寄せ書き大会が始まる異様な?雰囲気となる。



気分的に一区切りついたので、借りっぱなしの資料の整理などした。
感慨深いものがあるが、一定の容積を占めているので何とかしないといけない。

コピーやパンフ、取材写真などは別にして、段ボール大箱一箱はある。
人力では運べない。風虎通信の「宇宙の傑作機」(これも何冊もある)は写真資料の山に入れてあるので、ここには出ていないな。

延々ロケットの移動〜発射が写っているDVDなどというのもある。
角度を変えて何度でも何度でも。ゆったりとしたクローラーの走行シーンは
早送りしても状況があまり変わらない。
あ、こないだ行った場所ではないか。もう一回見ようか知らん?



・・・それ以前は、『宇宙からの帰還』しか読んだ事がなかった。
箱から出ているのが、自分で入手した分。嫁さんの本も何冊か混じっている。

『ドラゴンフライ』と『人類月に立つ』『スペースシャトルの落日』が
お勧め。


文字通りの「講義」を受けたノート、取材の写真や、ネットから集めた画像などの資料の山が、だんだん一枚の記事に収斂していくのは快感であった。


そういえば、王立の佳境はあんまり布団でちゃんと寝なかったような気がする。資料を見ていて思い出した。
| 仕事 | 22:29 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
カール・セイガンのCOSMOS懐かしいですね。昔、はやりましたね〜。 明日、王立買わせていただきます。 資料が1冊増えますよ。 楽しみ、楽しみ。
| SGT.GUN | 2007/05/02 11:20 PM |
岡田斗司夫で王立と聞くとオネアミスの翼を思い出しちゃいます(ちがったっけ?)

MGのばかでかいアイスもって途方に暮れるマルモ氏の自画像を見て、「アメリカ人の味覚には甘い、辛い、デカイ」
の三つしかないと「宇宙へのパスポート」に書いてあったのを思い出します。
もうとっくにお読みかも知れませんが、この本はお勧めです。
| カヲナシ | 2007/05/06 12:11 AM |
コスモスは、嫁さんの蔵書です。
でかいのはお小遣いをためて、一冊ずつ買っていたら
書店からなくなっちゃった、なことを言っていました。


ばかでかいアイスのほかに、夕食が食べ切れなかったりなど
うーん、さすがアメリカ!なエピソードには事欠きませんでした。
「あー、ノットコンボ!!!」と強調して単品で食べたり。
| モ | 2007/05/06 12:32 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://marumo.marumo.oops.jp/trackback/627342
トラックバック