CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
図解絵本 東京スカイツリー (単行本)
図解絵本 東京スカイツリー (単行本) (JUGEMレビュー »)
モリナガ・ヨウ
足場にある鉄管のキャップから、巨大クレーンまで思う存分描写しました。子供から大人までぜひぜひ。
RECOMMEND
モリナガ・ヨウのプラモ迷宮日記 第2集 「ガンメタルの巻」
モリナガ・ヨウのプラモ迷宮日記 第2集 「ガンメタルの巻」 (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
解説は尊敬する東大の加藤陽子先生なのじゃ!
RECOMMEND
モリナガ・ヨウのプラモ迷宮日記: 第1集〔フィールドグレイの巻〕
モリナガ・ヨウのプラモ迷宮日記: 第1集〔フィールドグレイの巻〕 (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
帯の文句は
「では、教育してやるか」
です〜
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
新幹線と車両基地
新幹線と車両基地 (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
初の児童書。



ハードカバーなんですよ、あなた!



驚異の3刷1万1500部



RECOMMEND
東京右往左往―TOKYO GOING THIS WAY AND THAT
東京右往左往―TOKYO GOING THIS WAY AND THAT (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
あからさまに画像をつけたりして。
RECOMMEND
働く車大全集―特殊車両36台の秘密を公開!
働く車大全集―特殊車両36台の秘密を公開! (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
アマゾンのレビューでファンの方が怒っておられます、すいません、あのカタログページは自分の希望なのです・・。
RECOMMEND
35分の1スケールの迷宮物語
35分の1スケールの迷宮物語 (JUGEMレビュー »)
モリナガ・ヨウ
4刷り14000部

これに通販限定版の1万部が乗るのかな?
RECOMMEND
RECOMMEND
あら、カナちゃん!
あら、カナちゃん! (JUGEMレビュー »)
モリナガ・ヨウ
クリックするとアマゾンでは
画像が見られるようです。
RECOMMEND
図録「王立科学博物館」
図録「王立科学博物館」 (JUGEMレビュー »)

自分もマンガ班として参加しています。

ものすごい書籍だと思います
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
安心マンション50のポイント―プロが教える見分け方
安心マンション50のポイント―プロが教える見分け方 (JUGEMレビュー »)
竹島 清
アネハ問題で、増補改定。
カバーと中のイラストを。
RECOMMEND
科学の国のアリス―入門!ニュートン物理学
科学の国のアリス―入門!ニュートン物理学 (JUGEMレビュー »)
福江 純
人形と、挿絵を。
・・・楽しかったかも
RECOMMEND
アインシュタインの宿題
アインシュタインの宿題 (JUGEMレビュー »)
福江 純
人形と、挿絵・数式など。
裏表紙の写真の方が似ています。
RECOMMEND
脳をめぐる冒険
脳をめぐる冒険 (JUGEMレビュー »)
竹内 薫, 藤井 かおり, モリナガ ヨウ
『右脳メイド』を世に送り出しました。
MOBILE
qrcode
<< JOCX | main | 花火 >>
ムシムシ
嫁さんが言うのだ。
「昆虫の収集をする人とは聞いていない」。
ああ、そうだったかもしれないなあ。でも、1990年の夏休みにセミの抜け殻をカメラケースに入れたのが、今日に繋がっている。
セミのなら基本的に毎年何匹か集めているから、いつの間にか売るほど備蓄しているぞ。
標本は好きだもの。



現在の町に越してきてから、いるわいるわ。
夜なんか電気に向かってぶんぶん飛んでくる。
一昨年は蝶とカブトムシを瓶に詰めた。

去年は、セミ(成虫)。
生きているのをゲットして標本化するのは心苦しいから、死んじゃっているのを拾ってきている。

今年は「我が庭初のセミの抜け殻」「マイマイ被り系」「オオカマキリ」
「赤トンボ(瓶に入らず、羽が曲がっちゃった)」
長男も沼津でセミの成虫を数匹持ち帰ったし、夏が終わるまでもうちょっと充実できそうだ。

で、先日ついに夏休みを代表する、どうでもいい甲虫の採集に成功した。
コフキコガネ。


見事に合掌して天寿を全うしている。


今回休み明け筆慣らしに描いてみたが、コナ噴いているではなく、細かい毛がびっしり生えていることを知った。
甲虫なのに、描きにくい・・・。
| オエカキ | 14:02 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
西東京市に住む兄夫婦の男児(私からみると甥,3歳)は,やはり昆虫の類が好きで,セミの抜け殻をいっぱい集めているそうです.
また,トミカ(ミニカー)も好きで,これも少しずつ親に買ってもらって集めているとか.

セミの抜け殻(外骨格)・ミニカー・収集癖,とくると,素質的には戦車モデラーまであと一歩のような気がします.
| 青木伸也 | 2007/08/28 5:25 PM |
ところが、同じ乗り物でも「履帯」に反応しないと!
まだまだ先は長いです
>青木先生
| モ | 2007/08/28 6:46 PM |
男児はデフォルトで履帯好きと思っておりました.
実は件の甥にはまだ会ったことがないのですが
機会を作ってトミカのブルドーザーをあげてみたいと思います.
| 青木伸也 | 2007/08/29 10:54 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://marumo.marumo.oops.jp/trackback/717504
トラックバック