CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
図解絵本 東京スカイツリー (単行本)
図解絵本 東京スカイツリー (単行本) (JUGEMレビュー »)
モリナガ・ヨウ
足場にある鉄管のキャップから、巨大クレーンまで思う存分描写しました。子供から大人までぜひぜひ。
RECOMMEND
モリナガ・ヨウのプラモ迷宮日記 第2集 「ガンメタルの巻」
モリナガ・ヨウのプラモ迷宮日記 第2集 「ガンメタルの巻」 (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
解説は尊敬する東大の加藤陽子先生なのじゃ!
RECOMMEND
モリナガ・ヨウのプラモ迷宮日記: 第1集〔フィールドグレイの巻〕
モリナガ・ヨウのプラモ迷宮日記: 第1集〔フィールドグレイの巻〕 (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
帯の文句は
「では、教育してやるか」
です〜
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
新幹線と車両基地
新幹線と車両基地 (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
初の児童書。



ハードカバーなんですよ、あなた!



驚異の3刷1万1500部



RECOMMEND
東京右往左往―TOKYO GOING THIS WAY AND THAT
東京右往左往―TOKYO GOING THIS WAY AND THAT (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
あからさまに画像をつけたりして。
RECOMMEND
働く車大全集―特殊車両36台の秘密を公開!
働く車大全集―特殊車両36台の秘密を公開! (JUGEMレビュー »)
モリナガ ヨウ
アマゾンのレビューでファンの方が怒っておられます、すいません、あのカタログページは自分の希望なのです・・。
RECOMMEND
35分の1スケールの迷宮物語
35分の1スケールの迷宮物語 (JUGEMレビュー »)
モリナガ・ヨウ
4刷り14000部

これに通販限定版の1万部が乗るのかな?
RECOMMEND
RECOMMEND
あら、カナちゃん!
あら、カナちゃん! (JUGEMレビュー »)
モリナガ・ヨウ
クリックするとアマゾンでは
画像が見られるようです。
RECOMMEND
図録「王立科学博物館」
図録「王立科学博物館」 (JUGEMレビュー »)

自分もマンガ班として参加しています。

ものすごい書籍だと思います
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
安心マンション50のポイント―プロが教える見分け方
安心マンション50のポイント―プロが教える見分け方 (JUGEMレビュー »)
竹島 清
アネハ問題で、増補改定。
カバーと中のイラストを。
RECOMMEND
科学の国のアリス―入門!ニュートン物理学
科学の国のアリス―入門!ニュートン物理学 (JUGEMレビュー »)
福江 純
人形と、挿絵を。
・・・楽しかったかも
RECOMMEND
アインシュタインの宿題
アインシュタインの宿題 (JUGEMレビュー »)
福江 純
人形と、挿絵・数式など。
裏表紙の写真の方が似ています。
RECOMMEND
脳をめぐる冒険
脳をめぐる冒険 (JUGEMレビュー »)
竹内 薫, 藤井 かおり, モリナガ ヨウ
『右脳メイド』を世に送り出しました。
MOBILE
qrcode
<< ラジオニュース | main | やっちまったな!(重要度・低低) >>
重松清
少し前の『週刊文春』で、重松清氏が語っていた。新作小説の著者インタビューである。
「40代になってからね、1年が早いんですよ」

そうそう。

新作はふくよかで、いきいきした季節感に満ちているそうだ。それを受けて
「これも年齢だと思うんですが、だんだん思い出の中の季節との勝負になってくる。今、冬の夕暮れを見ると、年齢分、四十四回の冬の夕暮れがあって、そこから引き出される数え切れないほどの記憶がありますから」

なるほど!そういうもんじゃったのか!

いや、どんよりした平日の午後とか、今日のように眩しい新緑とか見るにいろいろ思い出して、現在を現在としてなかなか認識できない。
困ったなあ、と思っていたがそれでいいみたいだ。

今日の日差しと新緑は大学の15号館のベンチを思い出しました。白いシャツに虫がくっついてヤだった。

・・・・それで「若いときに色々見ておけ」となるのだなあ。全部、一回目。
宮本武蔵のドラマのクライマックス、どっちが勝つの?と手に汗握っていた長男がうらやましかった。

| 雑談 | 00:19 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
モリナガさんのブログは、ほのぼのとした文の中に深いものを感じられるのが魅力だと思います。

「あら、カナちゃん!」がとても好きなのですが、以前に単行本化されていない分を同人誌で出すことを検討してらっしゃるとここで仰っていたと思ったのですが、そちらの方はどうなったのでしょうか?もし本を出されるのなら、ぜひとも買いたいのですが。
| 旧江戸川 | 2009/04/24 8:58 PM |
>旧江戸川さま

こんにちは
そういえば・・・・なんだか日々に押し流されてあっという間に年末になってしますのですよ!
本業の他に、同人活動ができる人のエネルギーを尊敬します。

週1の鹿児島のカナちゃんは相変わらずです。
先日薄型テレビに買い替え、「テレビの上の熊」の生息域が脅かされていました。

>ほのぼのとした中にも深いもの
ありがとうございます。
次のバカ記事が書きづらくなりますな。
| モ | 2009/04/24 10:28 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://marumo.marumo.oops.jp/trackback/986547
トラックバック